« 統合失調症と向き合う看護師 | メイン | 患者になって初めて理解できること »

患者さん目線の看護師に…

統合失調症…この病気について病名はきっと多くの人が耳にしたことあるでしょうね。
だけど統合失調症という病気がどんな病気であるのかっていうことは知らない人が多いんじゃないかな。
漠然としたことをしっていても細かなことはよくわからないという人がほとんどかな。
間違った知識を持っている人も中にはいるんじゃないかなって思います。
だけど私も看護師という仕事をしていながら実際にはよくわかっていなかったのかもしれません。
自分がこの病気になってしまって初めてどれだけ大変な病気なのかってことがわかってきたんです。
今は自分がこの病気と闘うことが一番の課題。
しっかり自分の病気を治してまた看護師の仕事に復帰するつもりでいます。
今度はもっと患者さんの目線で対応することが出来るんじゃないかなって思うんですよね。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sunbeltgsc.org/mt3/mt-tb.cgi/27

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

About

2013年07月27日 14:11に投稿されたエントリーのページです。

ひとつ前の投稿は「統合失調症と向き合う看護師」です。

次の投稿は「患者になって初めて理解できること」です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。

Powered by
Movable Type 3.38