2017年08月01日

生い立ち

急ですが、ダライラマ14世について。
チベット仏教について、といってもいいかもしれませんね。
私、けっこうこの手の話が好きなんです。

チベット仏教の最高位であるダライ・ラマは、もともとは17世紀に発足したチベット政府の長でした。
現在のダライ・ラマ14世は、4歳のときに14世に認定されて1951年まではチベット国の君主でしたが、
その後中国の侵略でインドに亡命政府を設立し、
(私はここへ行きました)
世界中にチベット仏教と、平和の教えを説く旅を続けています。

チベットでは、前任者のダライ・ラマが没すると、
前任者の生まれ変わりとなる人物を、占いなどを用いて子供の候補者から選びます。
その子が本当に前任者のダライ・ラマの化身であるのか、
前世の記憶があるのかなどを調査し、
その結果生まれ変わりであると認められた場合、
次のダライ・ラマであると認定されるのです。

現在の14世もこのように、13世でなければ知るはずのないことを正確に言い当てたことから認定されたのでした。

色々な映画が出ていますが、お勧めはマーティン・スコセッシの「クンドゥン」。
私も持っています、もう何度も見ました。
素人さんばかりを集めたそうですが、なかなかよく出来ています。
ダライラマの親戚もたくさん出ていますよ。

いまだチベットへは帰れないけど、どうなっていくのでしょう、、、心配だ。

2017年07月01日

みつばい?

少し前に、楽天の社員だって男性が密売の容疑で逮捕されましたね。
あちこち行けるからそこでそういう「仲間」と出会っちゃったのか?

その方は学生時代に台湾の大学に留学経験があって、
そこで日常会話程度の中国語を覚えたらしい。

ホテルにも努めていたらしくて、
ホテルを辞めた後は、中国の大学で2年ほど日本語も教えていた。

2006年から日本の大手旅行代理店に転職。
シンガポールなど海外でも働いて、08年ごろから台湾での覚醒剤密輸を始めたとみられます。

容疑者は08年以降、台湾に143回も渡航していたというからすごいです。
豊富な海外経験と語学力があったから“売人”になれたのでしょう。

でも、なったらダメでしょ!
またこの方はどうもミツバイだけではなくて、自分も「やってる」らしいじゃないか。
証拠もでてるらしいけど、当時彼は否認してたんだよねー。

楽天も迷惑でしょうな。

2017年06月01日

怒られちゃった?

とあることを、とある人に聞いたら、
「そんなことをするのは効率が悪い」というようなことを言われまして。
なんだか怒られちゃった気がしました。
聞いたことに答えないで怒られた感じ?
まーいい、言われていることは正しいし、言われたことは素直に聞こう、なんとなーくふに落ちないけどー。

人に相談しても、こういうふうに逆に怒られちゃったりするんですよね。
ネットの、なんとか知恵袋、っていうのでも、質問にまったく答えないで批判される、なんてことも多々ありますよね。
聞いたことに答えてあげたら?っていつも思います。
そんな答えを聞きたかったわけじゃないわけで。
なんだかやるせない世の中ですねー。

でも気を取り直して!
質問は忘れてその人とは今でも相談をしています、相談相手なんですもん。
いいこともいってくれますし、質問に全部答えないわけでもない、だからいーだろ、、、って感じです。
それにしても、大人になってから大人から怒られるって、なんだか気分いいものじゃないですねー。
上司が部下に、とはちょっと違う。

2017年05月01日

そういうことか。

日曜日が祭日と重なると、振替休日なるものが月曜日にあてられますね。
でも土曜日の場合は振替がない。
なんでだ??
そう考えたことはありませんか?
これは、法律でそう定められているからなんですって。

祝日について規定している「国民の祝日に関する法律」で、
「国民の祝日」が日曜日に当たった場合だけ、
次の平日を振替休日とすると定められているからです。

これを知って「ほーう!」と言ってしまった笑
公務員については、行政機関の休日に関する法律や地方自治法などで、
法律上、土日が休日だと定められていますが、
民間人にとっては、労働基準法で最低週1日は休日とするように定められているものの、
何曜日が休日とは決まっていないんですねー。

休みは多い方がいいけど、あんがいちゃんと調整もされてるそうで、
世界中でも日本は平均的な休日の数になっているのだって聞いたことあります。
ただ、お休み、有休休暇は、日本は取りにくい国、というのも有名です。

2017年04月01日

顔のハリ

顔やからだの肌のハリって大事ですねー。
身体のなかと外からハリを作る、戻すってことをしていかないといけないです。

どうやって??ですが(笑)、それぞれのやり方があって「これ!」といのはないように思います。
でも、とにかく寝不足はいけませんね。ストレスも。

肌のハリを取り戻すためには、コラーゲンやエラスチンを補うだけでは十分とは言えません。
皮膚の下にある筋肉が、皮膚全体をしっかりと支えている必要があるからです。

繊維状になっている顔の筋肉の細胞を強く太くすることで、
弾力のある肌を手に入れることができます。

がんばればお肌はそれに答えてくれます!
顔にも筋肉があって、それを鍛えるとたるみを抑えることが出来るので、
顔ヨガなんてのもいいかと思う。

笑いヨガも。
笑いはストレスを解消させますね。なによりです。

サプリメントなんかよりずっといいと思っています!

2017年03月01日

ソバアレルギー

最初にこれを聞いた時は、そんなアレルギーがあるのか、って思ったものです。
でもあるんですねー。

そばは麺として主食される他、そば粉を使った多くの食品があり、
日本人にとってなじみ深い食品です。

そばの芽、そばぼうろ、そば饅頭、そばかりんとう、そば茶などにも含まれていますよね。
しかし、そばアレルギーはピーナッツアレルギー同様、
アナフィラキシーショックなどの重篤な症状を起こす傾向が高く、命にかかわる場合もあります。

実際に、ここまでではなかったのですが、アレルギー反応が出て救急車を呼んだ、という知り合いがいました。
急になったみたいですが。

物アレルギーって子どもに多いのが特徴はんずですけど、
鶏卵、牛乳、小麦がアレルゲンとして乳幼児期にピークとなって、
年齢とともに食べられるようになり、減っていくのに対して、そばは年齢の低い子どもだけでなくて、小学校高学年や成人など、すべての年齢層に患者さんがみられます。

いったん発症すると、耐性を獲得できる可能性が低い(食べられるようになりにくい)とされています。

なんだか、可哀想・・・。

食べたいものが食べられないなんてねー。
でも多いんです。

外食の時は気を遣うでしょうねー。
私も急に顔がぶくぶくに腫れることがあるので(何がへ原因かわからない)
気を付けてまーす。(どうやって??)

2017年02月01日

セレブも悩んでいた

海外セレブも、自分の病(?)に悩んでいた時があるのです。
もしくは、今も悩んでいるのかも。

有名なのは、トム・クルーズですね。
彼はトム・クルーズが学習障害のひとつである失読症で、
文字を認識するのが難しかったというエピソードがあります。

台本をアシスタントや母親に読んでもらい、セリフを覚えていたのですが、
ある時、サイエントロジーの創始者L・ロン・ハバードの本を読んだことがきっかけで
失読症を克服できたのだそうで。

ほんとか??

同じ障害があるのは『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのオーランド・ブルーム。
彼は「この病はギフトだと思っている。
頑張ることを教えてくれたから」「失読症だから夢が叶わないというのは嘘だ」
などと頼もしい発言をしています。

素晴らしいですねー。

こんなふうに、結構いるんです。
皆、それぞれになにかあるのです。
明るくふるまうことですね、暗くなってはいけないのだ。

2017年01月02日

子供のお酒

あけましておめでとうございます。今年もいい年になりますように。

お酒の話題です。
子供にお酒を飲ませる国があるのをご存知ですか?
結構多いですよ。

お正月だから、とかあ、クリスマスだから、というのではなく、日常的に、です。
スペインに行ったとき、知り合いのお子さんがワインを少し飲んでいました。
あまりビックリしませんが、他の日本人が見たら側頭するかな、って思いましたよ。

そこで聞けば、バナナにワインかけて、砂糖かけて子供に食べさせるのが習慣なんですって。
甘そうーーー。
しかもワインかー。でも、これで立派に育つんだし、成績だって悪くないわけで、だったらどうして日本ではすごく制限するのと、大人も絶句状態になるくらい子供のお酒環境ってできていないんだろう。

なにか根拠があるはずですよね。
誰か教えてくださーい。

2016年11月26日

病は自分との闘い

病気って自分がなってみないと本当の気持ちはわからないものですよね。
私も看護師として患者さんに接しているだけの時は全く患者さんの気持ちを
考えていなかったのかもしれない。
自分が総合失調症という病に見舞われて、初めてこれが病人の気持ちなんだ…っていうことが理解出来た気がします。
あせれば焦るほど、症状が重くなったり、病気に対してマイナスなことばかり。
気持ちを落ち着けて…なんて思ってもなかなか上手にコントロール出来ない自分がもどかしい…。
それでも私は絶対に負けません。
出来る限り患者としての気持ちを心に刻んで未来に役立てたいなって思っている今日この頃です。
なんてカッコいいこといっても結構これが難しいんだけどね。
努力の日々であります。

2016年06月23日

TPOを守れない患者さんには徹底的に厳しい看護師さん

キチンと静かにしていなければならない場所ですら騒いでしまう大人が増えてきています。

そんなTPOを守れない人達のことを厳しく注意できる看護師さんってステキだと思いませんか?看護師の年収とは比例しないとは思いますが。。。。

いつの時代も間違ったことをしている人間に対して、厳しく注意ができる人って勇気があって素晴らしいとボクは思っているのです。

なかなか今の時代、TPOをわきまえていない他人に対して堂々と注意ができる人は少ない気がします。

これって世の中的に良いことではありませんよね?

ひと昔まえならガンコ親父みたいな人が、非常識な人間に対して(コラッー)と怒鳴り散らしていたイメージがあります。

しかし今の大人たちは、なるべく面倒なことに巻き込まれたくないという気持ちから、様々な問題をスルーしようとしている気がしてなりません。

本当にそれで良いのでしょうか?

たしかに他人を叱るという行為は物凄くエネルギーが必要です。

あと、何か言って逆恨みをされたらどうしようという不安もあります。

だからこそ、こんな時代にビシッとダメ人間を叱れる看護師さんの存在は貴重なのではないでしょうか?

気が強いオンナというイメージをまわりの人達から抱かれる可能性は限りなく高いと思います。

いつの時代だって嫌われ役にならなければいけない人は必要なのです。

誰かを守れる人、責任感が強い人、そういった人は必ず誰かのために自分を犠牲に出来る勇気を持っています。

ボクは看護師さんがあえて自分のイメージを悪くしてまでも、TPOをわきまえていない非常識な患者さんにお説教をしたりする姿をステキだと受け止めて来ました。

自分が悪いにも関わらず、少し注意をされただけで看護師さんを恨むようなデリカシーのない患者さんなんて、もう病院に来なくていいのではないでしょうか?

カテゴリー

   
Powered by
Movable Type 3.38